• TOPスライダー1
  • TOPスライダー2
  • TOPスライダー3
フリーダイヤル メール

はじめに

最新のがん先進医療と呼ばれる治療法として、「重粒子線治療」や「免疫療法」などが確立されてきていますが、それらとはまったく異なる新しいアプローチで、がん細胞の増殖を抑えて死滅させるのが「がん遺伝子治療」です。

がん遺伝子治療とは

がん細胞を死滅(アポトーシス)へ導き、増殖を抑えたりと、症状に応じたがん抑制遺伝子(p53/p16/PTEN)やマイクロRNA抑制タンパク(CDC6/EZH2)を身体の中に入れて働かせることによって、がんの原因である遺伝子の異常を改善する治療方法です。
副作用も少なく、がんを効果的に減らすことができる先端的治療法です。

がん遺伝子治療の優位性

  • 抗がん剤のような副作用がなく身体への負担が少ない
  • 目に見えない初期のがんから、進行したがんまで、どの段階であっても症状の進行具合を選ばず治療
  • 自身の中で不足している遺伝子を全身に行き渡らせ、さらにがん腫瘍内への直接注入できる
リード画像

従前のがん治療とはまったく異なるアプローチで がん細胞 を死滅させる治療法

日本人の死因の第一位であるがんは、細胞内にある大切な遺伝情報を持つDNAが、紫外線や化学物質などの要因で傷つくことで異常な状態になることから始まります。

通常、多少のダメージを受けてもDNAは自己修復する機能を持っているので、傷ついた細胞そのものをアポトーシス( 細胞自滅 )させ、体を正常な状態に保つことができているのです。このアポトーシスに深く関与しているのが「がん抑制遺伝子」です。

しかし「がん抑制遺伝子」に異常がある場合、またその働きが阻害された場合、この損傷を持つ異常細胞を自滅させることができずに、異常細胞の増殖が始まります。これががんの始まりです。

がん遺伝子治療は、もともと体に存在して様々な働きをしている「がん抑制遺伝子」を、傷ついた細胞の中に入れ働かせ、がんの原因である遺伝子の異常を改善する方法で「自身の体の中で目的とした遺伝子」を作るという、とてもシンプルながん治療法なのです。
メール

新着情報NEWS

MORE

院長プロフィールPROFILE

1986年
杏林大学医学部 卒業
杏林大学医学部付属病院
消化器外科
1988年
東京逓信病院
消化器外科(胸部血管外科)
1993年
杏林大学医学部附属病院
呼吸器外科、消化器外科勤務
2010年
さくらクリニック開設
幹細胞療法やがん免疫療法
がん遺伝子治療に取り組む。