遺伝子治療の流れ

医師からの事前説明で納得いくまで検討を

がん告知を受けて、

  • これから治療に入る方
  • 手術を受けて再発予防のため治療中の方
  • 手術後に残存したがん細胞があり(浸潤・転移)加療中の方
  • 転移があり手術できなく抗がん剤治療をしている方
  • 再発して治療中の方
  • 発見された時には進行していて治療がない方
  • 難治性のがんで進行を止められない方

様々な段階や種類のがん患者さまがご相談に訪れます。まずは説明を聞いて、今自分がどの状況なのか判断することが必要です。

医師のインフォームドコンセントから治療に至るまでの流れをご説明

事前に受付表・問診表をご記入いただき、患者さまがどのような治療を受けておられるか、症状や経過、がん細胞の進行度合いなど把握したうえで、患者さまの現在の病態について専門知識を持つ医師から、画像データや資料を見ながらくわしい説明があります。

初診・医療相談

  • 初回から治療が終了するまで、がん遺伝子治療のコーディネーターが細やかにサポートします。
  • 治療について医師から詳しい事前説明を受けます。治療を決定するものではなく、今までの経過や現状、画像などを検討しながら、実際の治療について説明します。

治療内容に承諾したら各同意書にサイン

  • 事前説明を受けて治療に同意しなおかつ治療たんぱくは未承認であることを、理解した上で治療同意書にサインをいただきます。
  • 治療を始める前までに治療費をご入金していただきます。

患者会への登録、治療たんぱく発注

  • がん遺伝子治療はまだ日本では未承認の治療であり、安全に使用するために副作用や治療効果などを集計して分析する患者会への登録が必要となります。
  • 患者さまごとの治療たんぱくを発注し到着後治療を開始します。

1クール(6回投与)の治療開始

  • 具体的な治療計画を立て、治療前の検査(血液検査など)を行います。治療は基本的には点滴投与になり6回(約2ヶ月)の治療を1クールと考えています。

効果判定

  • 1クール終了後に腫瘍の縮小率や腫瘍マーカーの低下などで効果判定します。

大切な自分の体を守るためご自身の判断で選択を

がん治療にはいろいろな利点や欠点があり、患者さまの置かれている状況や過程を総合評価して、詳しい事前説明をします。また事前説明は治療を決定するものではありません。がん遺伝子治療で使われる治療たんぱくは、日本では未承認薬であり健康保険適応外なため、自由診療の治療になることなど、きちんと内容を理解した上での判断が大事になり、納得のいく治療をより早くから臨むことが不可欠です。