ホーム » 幹細胞とは

幹細胞とは

新しい細胞を生む「タネ」

人間には、約60兆個の細胞が集まってできていますが、その組織や器官の中で、それぞれの細胞は役割を分担しながら働いています。その中に「いろいろな細胞に分化できて、細胞を生む」ことが担当の細胞がいます。

この変幻自在なタネのような細胞のことを幹細胞といいます。傷ついたときなど、幹細胞はそこに集まり、分化・分裂を繰り返し、いろいろな足りない細胞を生み出して組織を修復したり、つくり変えたりして、必要な細胞を必要に応じて何度も生み出し、最終的には組織としての機能までも回復させます。

病気やケガで失われた細胞を新しく補充して組織機能を回復させるのが、幹細胞の役目です。こうした能力から枝分かれする樹木の木にたとえられて、幹細胞と呼ばれています。

代表的な3つの幹細胞

治療に使われる幹細胞には大きく分けて3つあります。もともと私たちがからだの中に持っているものと、人工的につくられたものがあります。その代表的なものが、「ヒト体性幹細胞」、「ES細胞(胚性幹細胞)」、「iPS 細胞( 人工多能性幹細胞)」です。

人間の治癒力の源

私たち、さくらクリニックが注目しているのが、ヒト体性幹細胞です。

人間の体内で傷ついたところに行き、そこで分裂・分化を繰り返し、組織を修復して機能を回復させ、再生するために、毎日実際に働いている幹細胞だからです。

人間の通常の細胞はその役割に応じていろいろな形や力を持っていて、こうした姿や能力はタンパク質によってつくられています。タンパク質はアミノ酸がつながったもので、その中にDNAが刻まれています。心臓は心臓の細胞、肺は肺の細胞、皮膚は皮膚の細胞というように、それぞれの細胞の役割がタンパク質によって決められ、分裂しても同じ細胞にしかなりません。

こうしたいろいろな細胞がある中で、ヒト体性幹細胞はからだの中で仕事の依頼があると、まわりの状況に合わせて、いろいろな種類の細胞をつくりだす優れた能力を持っています。