再発を防ぐ機序

「がん」は無限に広がっていきます。広がり方には「浸潤」と「転移」があり、浸潤はがんが広がるために周囲の臓器に浸み込み、広がっていく状態をいいます。転移というのは血液やリンパ液の流れに乗って、離れたところまで移動し、分裂増殖していくことです。

がんは薬剤耐性を持つと再発してしまう

がん治療の領域にとっては再発転移を防ぐことがもっとも大切であり、もっとも難しい部分でもあります。最初にがん細胞が発見された時、目視できない微小な転移が起こっている場合があります。そのがん細胞を残さず手術で取りきることは非常に困難であり、残存するがん細胞が再び増殖し活動し始めることがあるのです。手術後再発を防ぐ目的として抗がん剤治療を受けることが一般的ですが、がん細胞自身が薬剤耐性をもってしまうと抗がん剤が効かなく増殖し始めるのです。

がんは薬剤耐性を持つと再発

自然耐性
がん細胞には抗がん剤に強い性質をもったものがあります。散らばってしまった微小のがん細胞には自然耐性の有無が混在しているのがほとんどです。
獲得耐性
薬剤耐性のないがん細胞が消滅せず耐性を獲得してしまう。自然耐性と獲得耐性が一緒になると増殖率が高くなります。
自然耐性もなく獲得耐性も起きない
稀な条件ですが、この条件が揃ったときに完治へと向かいます。
抗がん剤治療をしない
抗がん剤の是非が議論されることがありますが、手術後抗がん剤治療を受けないために微小のがん細胞が活動し始め再発の懸念も増すことになるため、上手に使用すれば効果は発揮できます。

再発を防ぐために

標準治療だけでは、がんの再発を防げる可能性は決して高くはありません。しかし、標準治療にがん遺伝子治療やがん免疫療法を加えることで再発を防ぐ確率が格段に向上します。がんは一定の治療を終えたとしても、細胞レベルで存在しているケースがとても多くあります。それは原発がんの付近かもしれませんし、全く別のどこかかもしれません。ただ、そのまま何もしなければ再発の可能性は非常に高くなります。

標準治療では再発予防として抗がん剤を使用することも多いですが、決して十分な予防だとは言えません。なぜなら抗がん剤には副作用と薬剤耐性という問題があるため、全身のがん細胞を確実に消滅させる可能性が高いとは言えないからです。しかし標準治療で行えることはここまでとなり、ここで治療を終えるしかありません。結果的にほとんどの患者さまは「再発するかもしれない」という状態で治療を終えてしまいます。

この「再発するかもしれない」という状態は、再発を防ぐために最も大切な時期なのです。がん細胞が体内に残っていたとしても、その数と勢いが最も弱まっているこのタイミングこそが、再発予防にとって最大のチャンスだといえるのです。

がん遺伝子治療を含めた複合治療
がん再発を防ぐために最も効果的なのは「複合治療」です。例えば手術が適応になる患者さまであれば手術後になるべく早く一番効果のある抗がん剤を投与して、それと同時に放射線治療を併用、そしてがん遺伝子治療とがん免疫療法を加える。これががん治療にとって最高に効果ある、もっとも再発率を下げる「複合治療」だと言えるでしょう。

がん遺伝子治療は標準治療の効果をより高めるばかりでなく、正常細胞に影響を及ぼすことなくがん細胞にのみ効果を表すため、副作用がほとんどありません。さらにどこに存在するかわからない全身のがん細胞にも遺伝子レベルで作用することから、再発予防としては最適な治療だと言えます。さらにがん遺伝子治療とがん免疫療法を組み合わせると、がん細胞に対する免疫の感作力が高まるため、より強力に再発を防ぐことが可能となるのです。

「がん」という病気と向き合う

再発し進行してしまうと一般的には徐々に、「がん」そのものに対する治療から、痛みを取り除くなどQOL(生活の質)を上げる治療に移行します。そのような治療はがんの成長を防ぐことが難しくなります。

「がん」は遺伝子の異常から発する病気です。がん遺伝子治療は「成長を止めたり」「縮小させたり」などの可能性があり、再発転移を防ぐ有効な治療法のひとつであります。多くのがん患者さまが再発する現状では有効的な治療法の確立が求められ、がん細胞の性質を認識したうえで、治療に臨んでいく必要があります。