がん免疫療法 長所・短所・副作用

がん免疫療法

がん免疫療法は標準治療として認められているものではありません。現在は免疫抑制など複雑な免疫システムが解明され、治療効果も向上しつつあります。将来的には三大標準治療に並ぶ治療として考えられますが、現時点では術後の再発予防や標準治療の補助療法あるいは代替療法となります。

免疫は体内に侵入してくるウイルスなどの異物や、様々な要因で発生する異常細胞を排除し健康を保ってくれています。日々体内で発生しているがん細胞も、免疫の働きによりがん化することは非常に稀なことです。すなわち免疫とはがん細胞にとって天敵なのです。この人間が本来持っている免疫の力を増強するのが、免疫療法です。免疫療法はほとんどのがん種類や、あらゆる進行状態で効果を発揮しますが、特にがんの再発予防として効果を示します。

がん免疫療法 長所・短所

長所
がん免疫療法は副作用が少なく「患者さま自らが持っている免疫力を医療の力でさらに上げる」治療法です。患者さまの体力負担も少なくかつ副作用も少ないため、QOLを維持でき標準治療が難しい末期がんなどにも全身で効果を発揮します。標準治療と併用することにより転移再発の予防効果に役立ちます。

  • 副作用が少ない。
  • 高齢者・体力の低下した患者さまにも治療が可能となります。
  • 標準治療との併用で再発・転移の抑制効果となります。
短所
がん免疫療法は確実に治療効果があるという科学的根拠は残念ながら、まだ認められてはいません。がん免疫療法だけでは治癒が難しく研究段階の治療法でもあると考えられます。治療法は様々で各医療機関の独自の研究で実施されているのが現状です。保険適応ではないため経済的な負担も問題といえるでしょう。

  • エビデンス(科学的根拠)が不足している。
  • 単独での治癒が難しい。
  • ガイドラインが確率されていない。

がん免疫療法の特徴

免疫療法は標準治療のような即効性のある治療法ではありませんが、副作用も少なく、全身で効果を発揮するので、さまざまな状態のがん患者さまに有効となります。初期のがんや進行がんを治療中である患者さまは標準治療に免疫療法を加えることで、より早期の寛解と根治の可能性があります。標準治療を終え、寛解と診断された患者さまは免疫療法を受けることにより、再発を防ぐ可能性も高くなります。体力の衰えで標準治療に耐えられないような末期がんの患者さまでも、負担の少ない免疫療法であれば進行を抑えつつ延命させることができる可能性も考えられます。

がん免疫療法の副作用について

免疫療法は自己の細胞を使用するため強い副作用はありません。考えられる副作用としては、

アレルギー反応による副作用にて、

  • 時々アレルギー反応により発熱が起こる場合があります。
  • アレルギー反応としてアナフィラキシーショックがごく稀に起こる可能性があります。

また、オプジーボなどの免疫チェック阻害薬との併用において、免疫過剰反応が起き重篤な肺炎を高率に起こすことがあるため、慎重投与が必要とされています。副作用ではありませんが、患者さまご自身の細胞を培養増殖活性化させることから、治療に時間がかかるという点も挙げられます。

当院では安全管理体制のもと臨床試験データに基づき、標準治療や遺伝子治療と組み合わせることによってより治療効果を得ることも可能であり、一つの免疫療法だけではなくあらゆる免疫療法やがん治療全般に精通した医師が治療計画を立てることが重要です。