CTC検査(抗がん剤適性試験)

CTC検査では、循環しているがん細胞から、がんの原因遺伝子を解析する以外にも、いろいろな抗がん剤の有効率を測定することができます。

各種抗がん剤に対する感受性を確認することによって、多くの抗がん剤の中から、個々のがん治療で有効な抗がん剤を探してくれます。これにより有効率の高い抗がん剤の選択ができるようになり、その結果として有効な治療効果を得ることができます。

また、抗がん剤適性検査に加えて、ビタミンC、マイタケ、フコイダン、ハーブ、漢方などの天然成分によるサプリメントの効果判定も可能です。

循環腫瘍細胞、幹細胞を培養して抗がん剤40種を6日間投与し、最も効果があり得る抗がん剤を同定します。不要な治療を回避し、身体への負担を極力減らすことを目的としています。

※出典:デトックス社、オンコノミックス検査シリーズ資料より引用

多角的な情報検証により必要とされている治療を選択

CTC検査の「遺伝子解析」によって、がんの顔(弱点)がわかり、有効な抗がん剤を分析できるようになりました。抗がん剤には増殖を止める抗がん剤(増殖阻止型抗がん剤)、自滅を促す抗がん剤(自滅誘導型抗がん剤)があることから、「がん」の原因を理解して「がん」の弱点に合わせた有効な治療が必要です。

そのため、遺伝子解析から判明した原因に対する抗がん剤治療は、「がん」治療を受けるにあたり非常に大切なことになります。

CTC検査で多角的検証

いかに無駄な治療を行わずして、効果率が高い治療を早い段階で選択することができるか、これはがんの患者さまにとってとても重要なことです。CTC検査を受けることで、がんの原因となっている遺伝子を知り、それにあった配分のがん遺伝子治療を行うことができます。
さらに、抗がん剤適性試験で有効かつ最適な抗がん剤を選択・治療を行った上、サプリメントの効果判定によって有効なサプリメントを追加することも可能です。

このように自分のがんの弱点に合わせた有効的、かつ複合的な治療が、難治性のがんと闘うためには最も重要なポイントとなります。

特殊細胞(がん幹細胞)の発見でがん治療は大きく変わろうとしています

いままではがん細胞が「がん」を激しく広めると思われてきていましたが、がん細胞のなかに未知だった循環腫瘍細胞と幹細胞=CTC(Circulating Tumor Cell)とCSC(Circulating Stem Cell)が微量ながら存在することがわかりました。

この幹細胞が血中を巡り細胞増殖し、そして他の部位や臓器に転移や再発を起こすことがわかり、治療方法が大きく変わる可能性があります。 ※出典:デトックス社、オンコノミックス検査シリーズ資料より引用

CTC検査の流れ

循環がん細胞からがんの原因遺伝子が判明した後、いろいろな抗がん剤有効率テストします。遺伝子解析から判明した原因に対する抗がん剤治療は、「がん」治療を受けるにおいて大変重要な要因です。

ただでさえ難治性のある「がん再発」にとって最も有効な治療が必要だからです。