院長紹介

ごあいさつ

医師として「がん」という病気に対し、「正面から向き合って患者さまの立場になり、そして私なりの努力をしたい」という想いで、25年以上手術や薬を使いさまざまな治療をしてきました。とくに消化器や呼吸器など数多くの手術を執刀し、がん患者さまと共にがんと戦ってきました。

現在、がん治療は「外科手術、化学療法、放射線治療」が行われ、がんの種類毎に適した標準治療が用意され
ております。ただしこの標準治療には限りがあり、「もう有効な治療法がありません」という言葉は患者さまやご家族にとって、もっともつらい言葉でもあります。

もっと効果的ながん治療はないかと、模索していた折にがん遺伝子治療と出会うことができました。
がん遺伝子治療は「あきらめる前に」の治療なのです。

しかし、まだ、全ての患者さまが回復しているわけではありません。私は更なる可能性を追求しています。
三大標準治療などとの複合医療で、より患者さまに適した治療を提案していきたいと考えています。
そしてがん遺伝子治療がもっと普及し、多くのがん患者さまが救われる日が来ることを心から願っています。

医療法人社団桜伸会 さくらクリニック
医療責任者 医院長 吉田 治

院長プロフィール

1986年
杏林大学医学部 卒業
杏林大学医学部付属病院
消化器外科
1988年
東京逓信病院
消化器外科(胸部血管外科)
1993年
杏林大学医学部附属病院
呼吸器外科、消化器外科勤務
2010年
さくらクリニック開設
幹細胞療法やがん免疫療法
がん遺伝子治療に取り組む。

著書

著書1 著書2