CTC検査(原因遺伝子解析)

がんは正常な遺伝子がさまざまな変異のもと、異常な働きが原因でがんを発症することが、解明されてきました。また、がんは成長してある程度大きくなると、細胞の一部崩壊とともにがん細胞内のDNAを放出します。腫瘍細胞が血中を循環するため、循環しているがん細胞やそのDNAを、遺伝子解析にてさまざまな異常情報が判明することにより、効果率の高い有効な抗がん剤を選択することができます。

がんは性質により抗がん剤の効果や副作用など異なりますので、がんの原因である遺伝子解析が大事になります。

「がん」の特徴は「無限増殖」「不死」

がんに関連するがん抑制遺伝子

これら多くのがんの原因を通常と比較して、働いているかを計測します。
殆どのがん患者さまで、転移浸潤・血管新生・増殖シグナル・自滅シグナルなど多くの部分で、多くの障害を受けています。抗がん剤や分子標的薬があまり効かないで、増殖を止められず、自滅できないことが検査からわかります。

CTC(Circulating Tumor Cell)検査=末梢血循環腫瘍細胞検査

がん細胞が「がん」を激しく広めると思われてきました。がんの細胞のなかに未知だった循環腫瘍細胞(Circulating Tumor Cell)と幹細胞(Circulating Stem Cell)が微量ながら存在することがわかり、この幹細胞が血中を巡り細胞増殖し、そして他の部位や臓器に転移や再発を起こすことがわかりました。

CTC検査の特徴

  • 高い感受性
  • 簡単な検査方法(一回の採血20ccのみで検査)
  • 多角的な情報の検証(効果が期待できる抗がん剤・ビタミンCなど天然成分検証・放射線治療の是非)
  • 予後診断(再発のリスク・潜伏したがんの進行・休眠状態、転移の可能性)

※出典:(株)デトックス社、オンコノミックス検査シリーズ資料より引用

CTC(循環腫瘍細胞)とは

末梢循環腫瘍細胞のことで、初期の「がん」部位から遊離したもので血流に入り循環することによって、離れた器官に「がん」を広げる可能性があります。
※出典:(株)デトックス社、オンコノミックス検査シリーズ資料より引用

血液からDNAを抽出しその分析からそれぞれを評価

CTC(循環腫瘍細胞)、遺伝子解析

遺伝子解析結果から治療への導入

CTC検査によってがんの原因遺伝子が解析されることから、今までのような盲目的な治療や勘による治療ではなく、理にかなった治療が可能となりました。また、検査結果の評価から、がん遺伝子治療の有効性がとてもよくわかります。

がん遺伝子治療は

  • 「PTEN・CDC6抑制RNA・EZH2抑制RNA」によって転移浸潤や増殖を抑えます。
  • 「p53・p16」によって細胞死シグナルを回復させて不死のリスクを改善、そしてがんを自滅させていきます。

CTC検査のがん原因遺伝子の解析で多く出るハイリスク項目は「p53・p16」や、増殖シグナル関係(PTENなど)などが挙げられ、がん遺伝子治療で利用する「p53・PTEN・p16」などの投与が、非常に有効であることがよく分かります。

がん患者さまの多くは転移浸潤・血管新生・増殖・不死などが亢進しています。そのため循環しているがん細胞から「がん」の原因となっている遺伝子の分析を行い、自分のがんの原因を理解して、そのがんに最も有効な治療法を選択することが必要です。