がん遺伝子治療

遺伝子治療の承認数で最も多い「がん」治療

遺伝子解析が進み、がんをはじめ様々な病気に関連する遺伝子も数多く発見されています。遺伝子治療を行う際は国などの公的機関に、臨床実験の申請をおこないます。これをプロトコールといいますが、その数がもっとも多いのはアメリカです。遺伝子治療は遺伝子レベルの治療をおこなうもので、対象はがんに限りませんが現段階でもっともプロトコール数が多いのはやはり「がん」です。
疾患別、遺伝子治療の現状

さくらクリニックのがん治療

さくらクリニックでは、常に最新の最も有効的ながん遺伝子治療を提供しています。

がん遺伝子治療は遺伝子の異常から発生するがんに対し、最も理にかなった治療法と言えます。しかし、遺伝子治療を名乗る治療が全て有効な治療とは限りません。遺伝子治療に使用する治療タンパクやベクターは常に進化しているため、最新の遺伝子治療でなければ、最高の治療効果は期待できません。
さくらクリニックでは代表的ながん抑制遺伝子である「p53」、「PTEN」、「p16」と、マイクロRNA抑制タンパクである「CDC6抑制RNA」、「EZH2抑制RNA 」を、最も有効的なベクターを用いて導入します。これらの治療タンパクは、点滴投与によって全身のがん細胞に効果を発揮します。さらに、患者さまの状態に合わせて局所注入することも可能です。

がん遺伝子治療は三大治療と組み合わせることで、より高い相乗効果が得られます。さくらクリニックではがん遺伝子治療を提供するだけではなく、連携クリニックの協力を得て、放射線治療や抗がん剤、免疫治療などとの複合治療を実現し、患者さま一人一人が最適な治療を受けていただけるよう努力しています。

標準治療との複合効果

がん遺伝子治療は標準治療との組み合わせによって、相乗効果が期待できます。標準治療を開始する前であっても、治療中であっても、がん遺伝子治療を組み合わせることで治療効果が高まり、標準治療による副作用の軽減なども期待できます。また、一定の治療を終えられた患者さまにとっては再発予防として効果を発揮します。
がん遺伝子治療の適応範囲

がん遺伝子治療の特徴である、正常細胞に影響を与えることなく全身のがん細胞に効果を発揮することは、標準治療の弱点とも言える再発予防を可能にしてくれます。一定の治療を終えられて、体内のがん細胞が最も少なくなった時こそが、再発予防としてがん遺伝子治療は高い効果を発揮するといえます。

次世代の治療として期待される「がん遺伝子治療」


がんの予防、他のがん治療との併用、がんの再発予防、末期がんの延命治療などの様々なケースに対応することができ、どこの部位のどの時期のがんにも効果が期待できる上に、副作用が少なく体力的な負担の少ない「がん治療」です。