ホーム » 幹細胞療法 » 培養上清液

培養上清液

培養上清液とは

培養上清液とは、人の体内に存在する幹細胞を培養し、幹細胞を抽出した後に遠心分離した上澄み液をフィルタリングし滅菌処理を施したものです。
培養上清液には、幹細胞から分泌された様々なサイトカインが豊富に含まれています。サイトカインは、細胞から分泌されるタンパク質で、細胞の増殖や分化などを調節する働きを持ち、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たしています。サイトカインを豊富に含む培養上清液は、老化などにより衰えた細胞の回復を後押しするため、さまざまな健康と美容に対する効果が期待できます。
さくらクリニックでは、併設されたCPCで厳格な管理の下に、動物性の物質を一切加えない無血清培地を用いて、上質な培養上清液を製造しています。

培養上清液の投与と効果

  • 静脈内への全身投与(点滴)
    点滴などの溶液に培養上清液を入れて、ゆっくりと静脈内に投与します。培養上清液には多種多様のサイトカインが豊富に含まれていることから、体内の損傷している部位の細胞が活性化し、様々な組織機能を老化現象から強く引き戻します。
  • 皮下・関節内・損傷部位への投与(局所注射)
    特に効果を得たい部位に培養上清液を注入します。注入した部位では細胞分裂が活発になり組織の再生が行われます。
    美容目的としては肌が若返り、ヒアルロン酸などの効果を高めます。
    頭皮の皮下への注入により、発毛や育毛の効果があります。また植毛の生着率を高めることもできます。
    関節内への注入では、関節炎などの炎症を抑え骨膜などを再生する効果があります。その他、部位により様々な効果が期待できます。
  • 直接皮膚に塗る投与
    皮膚、頭皮に塗布することでも培養上清液の効果を得ることができます。肌荒れや育毛促進など効果を得たい部位に塗布します。アトピー性皮膚炎などにも効果が期待できます。

培養上清液の可能性

  • 抗加齢(エイジングケア)
    サイトカインが全身の減弱した組織を補正する効果
  • 糖尿病合併症の予防と減退化
    高血糖による眼・末梢神経・腎臓などの障害への補正効果・血管内膜補強
  • アレルギー性疾患(喘息・アトピー性皮膚炎)
    サイトカインの抗炎症作用と組織修復作用を利用
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
    慢性気管支炎に対する抗炎症作用
  • 自己免疫疾患
    抗原抗体反応や炎症部位の沈静化
  • 脳梗塞や心筋梗塞の予防や麻痺の改善
    動脈内皮の損傷を和らげ動脈硬化を改善・麻痺部位の機能の改善

培養上清液の安全性

  • ドナースクリーニングの徹底
  • 完全無血清培地の使用
  • 動物由来成分を一切排除
  • フィルタリングやクリーンルームによる滅菌処理
  • 厳格に管理された施設内での製造