がん遺伝子複合治療

三大標準治療とがん遺伝子治療の相乗効果

「手術」「化学療法(抗がん剤)」「放射線治療」は「がん」の三大標準治療とよばれています。
手術が適用できる初期のがんであれば、手術だけで治療が終わる場合もありますが、ほとんどの場合は標準治療を組み合わせた治療を行います。例えば手術でがんを切除しても、全てのがんを取り除くことができたと言い切れない場合には、念のため放射線治療も行われます。また、手術によって全てのがんを取り除くことができたとしても、全身のどこかにマイクロ転移があるかもしれないので、手術後に抗がん剤を使用するケースもあります。このように手術の他に放射線治療や抗がん剤を組み合わせることで、手術のみで治療を終えた場合には救えなかった命を、標準治療を組み合わせた治療法によって救っているケースは少なくありません。

三大標準治療の適応

標準治療によって多くの患者さまが命を救われています。しかし、がん患者さまの半数近くもの方が命を落としてしまうのも事実です。これが、現在の標準治療の限界といえるでしょう。そこで更なる複合治療が求められます。それが「がん遺伝子治療」や「がん免疫療法」なのです。

複合治療の利点

がん遺伝子治療は標準治療と組み合わせることによって、強力な相乗効果を発揮します。抗がん剤や放射線治療の効果が増強するほか、手術時のがんの取り残しやどこかに潜んでいるマイクロ転移にも高い効果を示します。手術や放射線治療の前にがんを縮小させたり、抗がん剤の効果を高めて薬剤耐性を解消させたりするなど、高い効果が期待できるがん遺伝子治療は、標準治療を開始する前でも治療中でも、いつでも組み合わせて治療を行うことが可能です。そして一番効果的なのは標準治療後の再発予防です。

がん遺伝子治療と標準治療との相乗効果を発揮

「がん」という病気を考える

標準治療では全身の残っているかもしれないがん細胞に対して積極的な治療は行えません。副作用が少なく、全身で効果を発揮するがん遺伝子治療は再発予防として効果的な治療法と言えます。がん免疫療法も再発防止に効果を示します。特にがん遺伝子治療と組み合わせるとより治療効果が得られます。大きな副作用がないため、体力の衰えた患者さまでも治療を受けられます。標準治療にがん遺伝子治療とがん免疫療法を加えれば、有効な再発予防になると考えられます。

がんには特効薬がなく非常に再発しやすい病気です。だからこそ、根治を目指すためにはできる限りの有効な治療を組み合わせることが必要なのです。