ホーム » 施設紹介 » 細胞調整施設(CPC)

細胞調整施設(CPC)

細胞培養は、厳格な管理のもと以下のような衛生管理下で実施されます。

  • 有人環境(4人)でクラス10.000の清浄度が保たれています。
  • ヒト、モノの1wayによる導線設計
  • 主要機器(インキュベーター、フリーザー)の状態(温度、室圧、室温、清浄度、CO2ガス濃度)をリアルタイムで24時間365日監視するモニタリングシステムを導入。
  • 職務と役割に応じて入退室権限を設定

細胞の増殖や管理を行うには、細胞調製施設(CPC)はかなり高い基準で微粒子数を減らし、細菌がいない無菌状態の部屋をつくらなくてはなりません。
また、高度な安全性を担保するために、細胞の入庫時にウィルス検査等の細胞検査を実施。
さらに検体の取り間違いを防止するためにバーコード管理。(トレーサビリティシステム)また、すべての工程の履歴管理など厳しい品質管理体制を導入した細胞培養の運用管理体制を構築しています。