施設紹介

細胞調整施設(CPC)

細胞培養は、厳格な管理のもと以下のような衛生管理下で実施されます。

  • 有人環境(3人)でクラス10.000の清浄度が保たれています。
  • ヒト、モノの1wayによる導線設計
  • 主要機器(インキュベーター、フリーザー)の状態(温度、室圧、室温、清浄度、CO2ガス濃度)をリアルタイムで24時間365日監視するモニタリングシステムを導入。
  • 職務と役割に応じて入退室権限を設定

細胞の増殖や管理を行うには細胞調製施設(CPC)はかなり高い基準で微粒子数を減らし、細菌がいない無菌状態の部屋をつくらなくてはなりません。
また、高度な安全性を担保するために、細胞の入庫時にウィルス検査等の細胞検査を実施。

すべての工程の履歴管理など厳しい品質管理体制を導入した細胞培養の運用管理体制を構築しています。

施設1

施設2

インフォームドルーム・処置室

さくらクリニックでは患者さまのプライバシーへの配慮はもちろんのこと、患者様にリラックスしてカウンセリングや診療を受けて頂ける環境づくりを心がけています。ご本人をはじめ、ご家族の方々とも、綿密に話し合う事が出来るように、広いスペースをご用意させて頂いております。

施設3

患者様のプライバシーを配慮し、投与中はゆっくりとお過ごしいただけるように、完全な個室をご用意しています。

施設4

待合室

患者さまやご家族の方がリラックスしてお待ちいただけるように心掛けております。

施設5

手術室

患者さまにとって手術は不安なものです。さくらクリニックでは患者さまが安心して 手術を受けられるように、医療チームが協力し合い、看護・治療を心掛けております。

施設6