ホーム » 当院紹介

当院紹介

医療法人社団 桜伸会 さくらクリニックは、最新のがん遺伝子治療によって、多くのがん患者さまのお力になるとともに、がん遺伝子治療の普及に努めています。
がん治療の基本は、3大治療と呼ばれる手術・抗がん剤・放射線治療になります。3大治療の進歩は目覚しく、以前に比べると生存率は上がり、QOLも向上しました。しかし、それでもなお、日本人の3人に1人の方が、がんでお亡くなりになっています。もし、がん遺伝子治療が広く普及し、多くのがん患者さまが治療を受けることができれば、こんなにも多くの方が、がんで命を落とすこともなくなると思います。

がん遺伝子治療には、治療に苦痛を伴わず、副作用が少なく、がんの種類や病期を問わないと言う特徴があります。したがって、多くのがん患者さまが治療を受けることが可能で、高い効果を得られます。がんと診断されて治療を開始する前や、治療中であれば、3大治療の欠点を補い、治療効果を高めます。治療後でも、再発予防として高い効果を発揮します。がんの再発を防ぐのは非常に大切なことですが、残念ながら3大治療で再発を防げる可能性は高くありません。さらに、まだがんと診断されていない方でも、遺伝子治療を受けることで、がんを予防することも可能です。

このように、がん遺伝子治療は、がん患者さまの強い見方です。しかし、優れた遺伝子治療であっても、それだけで十分とは言えないこともあります。さくらクリニックでは、免疫治療を取り入れることで、遺伝子治療との高い相乗効果を得られる複合治療を実現しました。さらに、連携医療機関の協力を得て、抗がん剤や放射線治療などとの複合治療で、患者さまに最適な治療を提案しています。

また、さくらクリニックは、幹細胞療法を取り入れ「究極のエイジングケア」を患者さまに安心してご提供できる充実した環境を整えました。

クリニックに併設した細胞培養施設(CPC)をつくり、厳格な管理のもと培養を行うとともに、動物由来の血清や物質を一切加えずに、患者さまの未分化の幹細胞を、安全かつ大量に培養して体内に投与することで、体の中から健康になるインターナルエイジングケアを提供しています。

老化は病気ではありませんが、誰にでも徐々に訪れ避けられず、有益なものではありません。 視力では老眼になり、聴覚では耳が遠くなる、感覚も行動も鈍くなってきます。骨や関節も衰え、物忘れが激しくなったり、病気に対する抵抗力も低くなり、皮膚のツヤもなくなります。

こうした身体の変化や機能の衰えの根底には、細胞機能の低下が関係します。もちろん自然治癒力の源である幹細胞の働きや、増殖する能力も歳をとると共に落ちていきますが、さくらクリニックの提供する、「究極のエイジングケア」幹細胞療法で身体の内外から元気を取り戻して頂きたいと思います。