ホーム » がん遺伝子治療について

がん遺伝子治療について

さくらクリニックのがん治療

さくらクリニックでは、常に最新の最も有効的ながん遺伝子治療を提供しています。

がん遺伝子治療は、遺伝子の異常から発生するがんに対し、最も理にかなった治療法と言えます。しかし、遺伝子治療を名乗る治療が全て有効な治療とは限りません。遺伝子治療に使用する治療タンパクやベクターは常に進化しているため、最新の遺伝子治療でなければ、最高の治療効果は期待できません。

さくらクリニックでは、代表的ながん抑制遺伝子である「p53」、「PTEN」、「p16」と、「CDC6kdRNA」を、最も有効的なベクターを用いて導入します。これらの治療タンパクは、点滴投与によって全身のがん細胞に効果を発揮します。さらに、患者さまの状態に合わせて局所注入することも可能です。

がん遺伝子治療は、三大治療と組み合わせることで、より高い相乗効果が得られます。さくらクリニックではがん遺伝子治療を提供するだけではなく、連携クリニックの協力を得て、放射線治療や抗がん剤、免疫治療などとの複合治療を実現し、患者さま一人一人が最適な治療を受けていただけるよう努力しています。

がん遺伝子治療の特徴

正常細胞では本来機能しているはずの、がん抑制遺伝子を利用したがん遺伝子治療は、正常細胞に悪影響を与えず、がん細胞にのみ効果を示し副作用も少ない。

がん遺伝子治療は、全身の細胞レベルで効果があり、一定の大きさのがんが存在する初回のがん治療や再発がん治療ばかりでなく、マイクロ転移や微細ながん細胞からの再発予防や、がん発生予防にも有効であり、治療適応範囲が非常に広い。

がん遺伝子治療は、抗がん剤や放射線治療の作用機序に類似しているので、その効果を増強させる作用もあり、抗がん剤や放射線治療との併用で高い相乗効果が得られる。

抗がん剤は、細胞膜のレセプターを介して作用するので耐性になり効果を得られなくなることがあるが、がん遺伝子治療は直接細胞内に作用するので耐性になることがなく、抗がん剤に耐性を持つがん細胞にも有効的に働く。

どの部位のがんでも、がん細胞の発生や無限増殖には、がん抑制遺伝子の異常が深く関わっているため、がん遺伝子治療はがんの種類や病期に関係なく有効である。

治療は主として点滴で行い副作用も少ないため、患者さまの病状にかかわらず、苦痛を伴わずに治療が受けられる。

がん遺伝子治療の副作用

がん遺伝子治療は抗がん剤のような強い副作用はありません。

考えられる副作用としては

① 治療たんぱく投与による副作用
治療たんぱくを異物と捉えアレルギー反応を起こす方もいます。

アレルギー反応としては0.25%(400人に1人)

私たちの施設では大きなアレルギー反応としてアナフィラキシーショックなどが起きないように点滴に薄めた治療たんぱくを少量投与して30分様子を見るようなアレルギーテストを行い、安全を確認した後に治療を開始します。

これにより大きなショックなどを回避しています。

また弱いアレルギー反応の対策として少量のステロイドと解熱剤を使用します。

これにより副作用が少なく安心して治療が受けられます。

② 正常細胞に与える影響
がん抑制遺伝子自体は正常細胞に直接ダメージを与えたり、副作用を起こすことは殆どありません。なぜならば、正常細胞が元々がん抑制遺伝子を持っているからです。
③ 治療たんぱくの組成に対する副作用
治療たんぱくはがん到達率を高めるため(EPR効果)高分子ミセル化した優れたドラッグデリバリーシステム(DDS)を利用しています。

この高分子ミセルのたんぱくを使用すると体内血流増加(ABC)現象が起きます。症状としては頭重感、頭痛、微熱などがあります。発生率としては15%程度となり、この様な症状が出た方は軽い痛み止め(解熱鎮痛剤)を服用すればすぐに改善します。

*がん遺伝子治療は副作用の少ない、副作用の軽い体に負担をかけない標準治療と併用できるがん治療法です。

安心できるがん遺伝子治療

●作る安心

  • 遺伝子治療が進んでいるアメリカで開発された最新の治療タンパク
  • 発現や作用機序がしっかりしている
  • 非常に清浄度の高いラボで作製されている
  • 自分や他人の細胞から作るわけではないので拒絶反応がない

    だから・・・今すぐにでも最新の安全な遺伝子治療を開始できるので安心

●使う安心

  • 正常細胞に影響が少なく副作用が少ない
  • どの段階のがんにも適応でき治療範囲が広い
  • 点滴治療ばかりでなく局所注入も出来る
  • 認定医療機関や患者会がありデータ管理されている
  • より進化した治療タンパクを使用する
  • 簡単な治療なので場所を選ばない

    だから・・・どのような患者様でも治療を受ける事ができるので安心

●効果の安心

  • 抗がん剤や放射線治療との併用ができ、相乗効果が期待できる
  • ストレスに強い「がん幹細胞」にも効果がある
  • 発現や治療効果が一過性でなく持続する
  • 複数のがん抑制遺伝子やRNA干渉を利用しているので効果が高い

    だから・・・高い効果が期待できる上に他の治療を妨げないので安心

●他の治療と比較した安心

  • 1クール治療後に効果判定を行い、効果ない場合は追加治療を行わない
  • 継続治療をする患者様には、経済的負担が軽減するシステムになっている
  • 継続治療する場合、治療薬を作る必要がないので体にも負担がかからない
  • 治療タンパクにがん抑制遺伝子が複数搭載されている本当の遺伝子治療

    だから・・・効果の高い遺伝子治療を最低限の負担で受けられるので安心