ホーム » がん遺伝子治療について » がん遺伝子治療とは

がん遺伝子治療とは

がん遺伝子治療は、がん抑制遺伝子や、がん抑制タンパクを用いて、がん細胞を自滅に追い込む治療です。

がん細胞の多くは、がん抑制遺伝子が欠落しているか、正常の機能をはたさなくなっています。がん遺伝子治療は、がん抑制遺伝子やがん抑制タンパクを体内に導入することにより、がん細胞の増殖を止め、自然な細胞死を迎えるように誘導する治療です。

正常細胞はがん抑制遺伝子を持っているので、がん遺伝子治療による影響はありません。がん細胞だけに作用し、正常細胞には何も作用しないので、発生箇所や時期を問わず、強い副作用もありません。

がん遺伝子治療は、三大治療との相乗効果が大きく期待できます。三大治療を開始する前から、もしくは治療中から、がん遺伝子治療を組み合わせるせることで治療効果が増し、より早い寛解や、標準治療の副作用を軽減することが期待できます。さらに、一定の治療を終了した患者さまにとっても、再発予防として高い効果を発揮します。がん遺伝子治療の特徴である、正常細胞に影響なく、全身のがん細胞に効果を発揮することは、三大治療の弱点とも言える再発予防を可能にします。一定の治療を終え、体内のがん細胞が最も少なくなった時こそが、がん遺伝子治療による再発予防の最も効果的な最大のチャンスと言えます。

がん遺伝子治療は、がんの予防、他のがん治療との併用、がんの再発予防、末期がんの延命治療などの様々なケースに対応することができます。また、どこの部位のどの時期のがんにも高い効果が期待できる上に、副作用が少なく体力的な負担の少ない治療です。したがって、多くのがん患者さまが高い治療効果を得られます。

遺伝子治療とベクター

遺伝子治療とは、疾患の治療を目的として、遺伝子または遺伝子を導入した細胞をからだの中に入れる治療法です。

この際、遺伝子を運ぶ役割をはたすものが、ベクターと呼ばれています。当初の遺伝子治療では、アデノウイルスというベクターを用いていましたが、発現期間が短く、細胞の核に入り込む可能性も少ないため遺伝子治療のベクターとしては不十分なものでした。後に発現期間が長く、細胞の核にまで容易に入り込むレンチウイルスを使用することにより、遺伝子治療の効果は大きく前進しました。

最新の遺伝子治療ではより小さなベクターを使用しています。これにより従来の点滴を中心とした治療効果が増すばかりでなく、近い将来には経口薬を製造できる可能性が非常に高くなってきました。

導入遺伝子タンパク

がん遺伝子治療は、ベクターを用いてがん抑制タンパクをがん細胞の核内に運び、がん細胞を自滅に追い込む治療です。このベクターに何を持たせて治療を行うのかは、非常に重要です。がん遺伝子治療は、なるべく多くのがん抑制遺伝子を入れることによって、治療効果を高めることが出来ます。

最新の遺伝子治療では以下のがん抑制遺伝子などを含む治療タンパクを使用します。

p53・・・p53はがん化した細胞をアポトーシスさせるなど、がんと最も関連が深いがん抑制遺伝子と考えられています。実際にがん患者さまの多くにp53遺伝子の変異や欠陥が認められます。以前もp53を用いた遺伝子治療は存在していましたが、がんはp53の働きを抑制するMDM2を持っているため、本来の効果を得ることができませんでした。さくらクリニックの治療タンパクは、MDM2を阻害してp53が十分に効果を発揮できるように改良され、がん細胞をアポトーシスに導いています。

PTEN・・・PTENは約半数のがん患者さまに変異や欠陥が認められ、p53に並ぶ代表的ながん抑制遺伝子と考えられ、特にがんの激しい増殖に関与しています。PTENを投与することにより、がん細胞の増殖シグナルを遮断し、過剰な増殖を阻害します。

p16・・・p16はがん患者さまの多くに異常が認められるがん抑制遺伝子で、特に喫煙者の肺がんなどでは高い確率で欠損しています。p16の投与により、がんの新生血管形成が阻害されるほか、細胞分裂において一番重要な分裂期へのストッパーとしても働きます。さらに、他のがん抑制遺伝子が正常に機能できる体内環境を作る役割も持っています。

CDC6kdRNA・・・CDC6細胞は、細胞を増殖させるために働くタンパク質で、細胞の周期を調整する働きを持っています。通常は、細胞周期の初期の段階で少量のみ現れますが、がん細胞では周期に関わらず大量に発現してしまい、増殖の元となる細胞分裂を増進します。その結果、がん細胞が無限増殖するばかりか、がん抑制遺伝子の働きをも抑制してしまいます。CDC6kd(ノックダウン)RNAは、がん細胞中にあるこのCDC6タンパク質の働きを、RNA干渉を利用して細胞中CDC6タンパク質の産生を阻害し、p53などのがん抑制遺伝子が働きやすい環境を作ります。