がん遺伝子治療とは

人間の体内では異常な細胞が増殖することを防ぐために「がん抑制遺伝子」や「免疫機能」が重要な働きをしています。
がん抑制遺伝子が傷つき正常に働けない状態では異常な細胞の増殖が始まり、やがては大きな「がん」を発症してしまいます。

がん遺伝子治療とは

がん細胞に正常ながん抑制遺伝子を導入することで、がんの増殖を止め、アポトーシス(自然な細胞死)に、がんの先端的治療です。がんの「増殖」や「不死」の原因となる遺伝子にアプローチする治療法なので、「ステージ」「転移」「再発」など問わず副作用も少なく軽いことから治療に対し苦痛を伴わず、体力の衰えた末期の患者さまでも治療を受けることができます。

がん細胞の多くはがん抑制遺伝子が欠落しているか、正常の機能をはたさなくなっています。がん遺伝子治療はがん抑制遺伝子やがん抑制タンパクを体内に導入することにより、がん細胞の増殖を止め、自然な細胞死を迎えるように誘導する治療です。

バランス

正常細胞はがん抑制遺伝子を持っているので、がん遺伝子治療による影響はありません。がん細胞だけに作用し、正常細胞には何も作用しないので、発生箇所や時期を問わず、強い副作用もありません。

がん遺伝子治療は三大治療との相乗効果が大きく期待できます。三大治療を開始する前から、もしくは治療中から、がん遺伝子治療を組み合わせるせることで治療効果が増し、より早い寛解や、標準治療の副作用を軽減することが期待できます。さらに、一定の治療を終了した患者さまにとっても、再発予防として高い効果を発揮します。

がん遺伝子治療の特徴である、正常細胞に影響なく、全身のがん細胞に効果を発揮することは三大治療の弱点とも言える再発予防を可能にします。一定の治療を終え、体内のがん細胞が最も少なくなった時こそが、がん遺伝子治療による再発予防の最も効果的な最大のチャンスと言えます。

標準治療とがん抑制遺伝子

抗がん剤には自滅促進型と増殖抑制型(分子標的薬)があります。

自滅促進型の抗がん剤とp53・p16はDNAに対する作用機序が似ているため相乗効果を示す。

増殖抑制型の抗がん剤とPTENは同じ増殖シグナル抑制に働きかけるため相乗効果を示す。

また放射線治療に対してDNAに損傷がある細胞を自滅に追い込むp53・p16は相乗効果を示す。

がん遺伝子治療はこのように放射線治療や抗がん剤との相乗効果も非常に高く、標準治療との複合治療はより大きな効果が期待されます。主に点滴投与による苦痛のない、副作用もほとんどない、肉体的にも精神的にも優しい有効的な治療です。

遺伝子治療とベクター

遺伝子治療とは疾患の治療を目的として、遺伝子または遺伝子を導入した細胞をからだの中に入れる治療法です。この際、遺伝子を運ぶ役割をはたすものが、ベクターと呼ばれています。当初の遺伝子治療ではアデノウイルスというベクターを用いていましたが、発現期間が短く、細胞の核に入り込む可能性も少ないため遺伝子治療のベクターとしては不十分なものでした。後に発現期間が長く、細胞の核にまで容易に入り込むレンチウイルスを使用することにより、遺伝子治療の効果は大きく前進しました。

最新の遺伝子治療ではより小さなベクターを使用しています。これにより従来の点滴を中心とした治療効果が増すばかりでなく、近い将来には経口薬を製造できる可能性が非常に高くなってきました。