がん遺伝子治療の特徴

がん発症と遺伝子

人間のからだは約60兆個の細胞からできています。細胞は早いものでは1日、遅いものでも半年ほどで死を迎えます。人間は60兆個の細胞を維持する為に、日々死滅した細胞を新しい細胞に入れ替えているのです。

全ての細胞は同一の遺伝子情報を持っています。遺伝子は生命の設計図とも言えるもので、生まれてから、老いて、死ぬまでの生命活動の情報が組み込まれており、どのようなタンパク質から、どんな細胞をつくり、どんな組織や臓器を作るかまで、すべてを遺伝子が決定しているのです。

遺伝子は日々、化学物質や大気汚染、紫外線や放射線などの様々な要因で傷ついています。損傷した遺伝子を持つ細胞が分裂・増殖すると、がんなどの疾患の原因となります。しかし遺伝子は損傷した部分を自己修復する機能をもっています。

遺伝子は日々、様々な要因で傷つく

さらに遺伝子の損傷が大きすぎる場合や、損傷に修復が追いつかなくなった場合はアポトーシス(自然な細胞死)と言われる、細胞の自滅により損傷した遺伝子を持つ細胞が分裂する事を防ぎます。このアポトーシス(自然な細胞死)に深く関与しているのが、「がん抑制遺伝子」です。

正常細胞はがん抑制遺伝子を持っているため、遺伝子の自己修復が追いつかなくなっても細胞自体が自滅し、がん化を防ぐ事ができます。しかしがん抑制遺伝子を持たないがん細胞が発生すると、無限増殖が始まりがん化してしまいます。

がん抑制遺伝子や免疫細胞が正常に機能せず発症

このようにがんの発生と遺伝子には深い因果関係があることから、がんは遺伝子の異常が引き起こす病気と言えます。がん遺伝子治療はウイルスベクターを使って、がん抑制遺伝子をがん細胞に導入し、がん細胞だけを自滅させる極めて画期的ながん治療です。

必要とされる治療に組み合わせ治療効果を高める

がん遺伝子治療はがんに対し遺伝子レベルで働きかけることから、本質的な治療につながるアプローチです。標準治療と複合することにより相乗効果をもたらすことができます。

正常細胞で本来機能しているはずの「がん抑制遺伝子」を利用したがん遺伝子治療、抗がん剤のような強い副作用はなく、正常細胞に悪影響を与えないため「手術前、術後再発予防、再発、再発進行、末期」など、どの病期にも治療可能です。

全身の細胞レベルで効果があり、一定の大きさのがんが存在する初回のがん治療や再発がん治療ばかりでなく、マイクロ転移や微細ながん細胞からの再発予防やがん発生予防にも有効であり、がんの原因である遺伝子異常に作用するため、治療適応範囲が広く有効となります。

がん遺伝子治療が持つ他の治療法との違い

がん治療では抗がん剤などの化学療法に伴う副作用は避けられないものです。最近ではがん細胞を狙い撃ちして、副作用を少なく抑える分子標的薬も開発されつつありますが、がん遺伝子治療は副作用が少なく、正常な細胞にもダメージを与えません。画期的なのはがん細胞膜にあるレセプターなどを介さないで、直接細胞に取り込まれ作用するため、耐性とならないことやストレスに強いがん細胞に対しても効果が期待できる点です。

がん遺伝子治療の特徴

副作用が少ない
治療タンパクによる「抗原抗体反応」として発熱や血圧低下が見受けられますが、解熱剤やごく少量のステロイド投与にて副作用はほぼ抑えることができます。
正常細胞に影響を与えない
治療で導入するがん抑制遺伝子は正常な細胞ではもともと備わっているものなので、投与しても正常細胞に影響を与えることはありません。
抗がん剤や放射線の効果を増強させる
多くの化学療法(抗がん剤)や放射線治療は細胞の分裂期に作用して遺伝子を損傷させ、細胞死に追い込むことを目的にしています。がん遺伝子治療でも仕組みは類似しているため、抗がん剤や放射線治療の効果を増強させます。
細胞レベルでもがんに対処
がん遺伝子治療で使用する治療タンパクは血管やリンパ管から、全身の細胞に広がります。転移が懸念される手術後の再発予防にも有効です。
前がん状態にも対処
まだがんを発症していなかったとしても、がん抑制遺伝子が正常に働いていない前がん状態の細胞を自滅に追い込み、がん発現予防ができます。
耐性とならない
抗がん剤は繰り返し使用することにより耐性ができて、同じ薬が効かなくなることがあります。がん遺伝子治療は抗がん剤のように細胞レセプターを介せず、直接細胞に入り作用するため、耐性ができることはありません。
がん幹細胞や難治性のがんにも有効
抗がん剤や放射線が効きにくい、がん幹細胞や難治性のがんにも効果を現すため、遺伝子治療を併用すると治療効果が飛躍的に向上します。
治療適応範囲が広い
がんの予防、他のがん治療との併用、がん再発予防、末期がんの延命などのほか、抗がん剤や放射線の量や回数を相乗効果により減らすなど、さまざまなケースに対応が可能です。
がんの種類を問わない
がん遺伝子治療は遺伝子に直接作用するため、あらゆるがんに有効です。また、ストレスに強いがん幹細胞や抗がん剤などが効きにくい胸腺腫や中皮腫・肉腫にも効果が期待できます。
場所を選ばない
通常、治療タンパクの導入は点滴投与で行います。場合によっては局所に直接注入する方法もありますが、特別な施設や装置を必要としません。

がん遺伝子治療の特徴・適応範囲が広い

がん遺伝子治療は適応範囲が広い

がん治療において多くの場合、根治を目指して手術を検討するのが第一の選択肢となりますが、がんの種類や進行度合いによりできる場合とできない場合があるのが現実です。手術、抗がん剤、放射線治療にはどうしても一定の負担や副作用が多くなります。しかしいずれの状況でもがん遺伝子治療は適用可能です。
初期のがん、進行がん、末期がんなどいずれの段階でも有効です。また、すでに一定の治療を済ませており経過は良好だけれども、今後の再発予防、発生予防としてできることをしておきたいという場合にも有効となります。