ホーム » がん遺伝子治療について » がん遺伝子検査

がん遺伝子検査

がん遺伝子検査とは

患者様の血液を用いて、がん関連遺伝子の突然変異、DNAのメチル化、FreeDNAの濃度など、60項目ほどを最新の技術で解析し、現在がんが存在している可能性や、将来的にがんになる危険性を評価します。
検査項目が多岐にわたるため、検査結果が一部の項目であまり良くない場合でも、一概にがんであるとは言えませんが、多くの項目が良くない値を示した場合、がんである可能性が高くなります。

がん遺伝子検査の有効性

がん検査やがん診断で利用されるPET-CT・MRI・CTなどの画像診断は、通常ではがんが10~20ミリの大きさにならないと発見できません。
しかし、がん遺伝子検査では、3ミリ程度の大きさのがんでも、検査結果に現れる可能性が高いのです。
したがって、がん遺伝子検査は、がんの早期発見や再発の早期発見に対し、非常に有効的な手段と言えます。



がんになる前に、がん予防として

がん遺伝子検査では、体のどの部位にがんの危険があるのかは判断できません。
検査結果が高確率でがんの可能性を示していたとしても、PET-CTなどの画像診断でがんを発見できない可能性があります。
発見できなければ、もちろん手術はできませんし、抗がん剤などの正常細胞にも害のある治療を行うことは難しくなります。
しかし、がん遺伝子治療は正常細胞に全く影響を及ぼさず、点滴で注入する事により全身で効果を発揮するので、発生部位が特定できないごく小さながんに対しても有効です。

がん治療後

がんの治療前、もしくは治療直後にがん遺伝子検査を受けておくと、どのような遺伝子異常を持つがんなのかを分析する事ができます。
その後、定期的にがん遺伝子検査を行うことにより、万が一、再発があったとしても早期発見し治療できるため、根治への近道になります。